お金と紙の要らない大学受験

予備校講師をしていました。今までに参考書を300冊くらい見てきたので、優れた参考書を見つけ、選ぶのが特技です。お金の要らない受験・紙を持たない受験を可能な限り目指してます。

1人の時間の意義

1人で過ごすことの意義が訴えられている今日この頃。

 

だけど、1人で過ごすことに意義・意味はあるのだろうか。

 

1人で過ごす時間を週に1回は取っている私の経験談を共有します。

 

1人の時間を作ることの最大の意義

 

自分の人生の振り返りを短期スパンで行うため。

 

あったこと

 

何か1人の時間を過ごすと、最近あった出来事に関してすっきりと整理が出来る気がする。

 

あの仕事と、この仕事ならどっちが優先順位高いだろう

あの時の仕事は、本当はもっとこうしたほうが良いんじゃないか

 

そんな事がよく思い浮かぶ。しかも、考えようと意識せずともひとりでに。

 

他人といると、その人との会話の中で思ったことを発信するため、自分の思いや行動を振り返ることは出来ない。

 

だが、1人の時間は自分だけとの対話だから振り返りも行える。

 

1週間単位で、自分の人生を振り返り、なんとなく修正していく。そんなイメージ。

 

最近の具体例は、

 

振り返りの重要性を知ったこと

ゲームのように熱中できる仕事には習慣化が必要だということ

勉強にもPDCAが重要だときづけたこと

 

これらを1人の時間を作ることでふりかえることができた。

 

受験勉強にも、この振り返りは重要。これと同じことが、人生にもあてはめれるんだなー。

 

 

広告を非表示にする